トップページ >湖南へ行こう>ショッピング>お土産>

湘繍

印刷
\

「湘繍」は中国四大刺繍の一つで、江南の蘇州周辺の「蘇繍」、広東省の「広繍」、四川省の「蜀繍」と並ぶ非常に有名な刺繍である。湖南省の長沙を中心に発展した「湘繍」は二千余年もの歴史があり、民間刺繍を基礎に、蘇繍・広繍の長所を吸収し、独自の風格を形成した。湘繍は下絵を用いるが、出来あがった刺繍は下絵をはるかに上回って生き生きとしたものになると言われている。中でも獅子や虎の刺繍は絶品で、「蘇繍は猫、湘繍は虎」と呼ばれるほどである。他に孔雀の図柄も有名で、色合いがとても鮮やかである。

\

1958年、長沙で発見された楚墓より出土した刺繍文物を見ると、湖南省の刺繍は2500年以上前の春秋時代に既に発達していた。また、1972年、長 沙馬王堆西漢墓より出土した41着の刺繍された衣服より、漢時代になるとますます盛んになり、技術もかなり高く、素朴で優美な芸術スタイルをもっていたと いえる。多くの刺繍家の努力により作られた中国画の刺繍は、水墨画・書道・篆刻や詩などが調和し、「以針代筆」「以線晕色」(針を筆の代わりとし、線で 色

\

湖南刺繍の中でも「双面全異繍」は質が高く、『獅虎』という作品は一面が空に向かって吠えながら山を登る虎で、もう一面が山を降りる獅子、虎の頭の部分は 反対側の獅子の尻尾の部分になり、両面はまったく違った刺繍である。設計が巧妙で、わずかな欠点も見られないことから、人々は口々に感嘆するばかりである。

\


ユーザログイン

旅行業界・メディアの方へ

プレゼント

イベントカレンダー

ページトップへ戻る
Close