トップページ >湖南へ行こう>ショッピング>お土産>

鳳凰姜糖

印刷
\

湖南省の鳳凰古城で売られるおみやげの品、砂糖、生姜、ゴマ、茶油、水を練り込んで作った飴である。色が濃いほど辛い味になっている。

湖南省は、春は霧雨が続き、夏は猛烈に暑く、秋は過ごしやすいが、冬は厳しい寒さが続く…と四季が非常にはっきりした気候である。そんな環境の中、古来より穀類中心の食生活で厳しい労働をしていた人々は、風邪を引きやすかった。大人たちは、「風邪など医者に掛かるまでの病気でもない」と、生姜湯を作って予防していたが、味が苦いため、子どもは飲みたがらなかった。そこで大人たちが知恵を絞って、子どもがおやつ代わりに食べられるようにと、300年ほど前の清朝の頃に作ったのが、生姜飴だったという。

ユーザログイン

旅行業界・メディアの方へ

プレゼント

イベントカレンダー

ページトップへ戻る
Close