トップページ >湖南へ行こう>観光>スポット>

黄龍洞

印刷

名称

黄龍洞

料金

80元/人

営業時間

通常 08:00 ~ 17:00

ランク

国家AAAAA級景区

その他のサービス

なし

黄龍洞は別名黄龍泉と言う、索渓峪河口村に位置するアジア最大級の鍾乳洞である。石灰岩が地下水の浸蝕により何万年 もかかって形成された典型的な鍾乳洞で、二つの水洞、二つの陸洞が重なる4層構造をしている。全長は約13kmもあり、洞内景観面積約20ヘクタール、洞内の最も高いところで100数メートルある。

二重水洞と二重陸洞が縦横に入り組んだ極めて特異な螺旋状の洞体構造になって、最大洞室は12,000㎡もあり、1万人以上を収容することができる。

洞内はライトアップされ神秘的な世界を生み出している。鍾乳石、石柱,石筍、石花、石瀑,石田、石盆など様々な不思議な形を作っている。

一番の見所に竜宮、水晶宮、石琴山、天仙水、仙人掌、響水河,迷宮、海底神針等がある。ここには中国でも 珍しく洞内に山や音響石、高さ50mにもなる洞内滝がある。石琴山にある鍾乳石を叩くと、まるで楽器のような音を発し聴く人の耳を楽しませてくれる。

洞内の観光に要する行程は洞内湖の遊覧船観光を含め、総距離が約6000mと全てを見学するのには約2 時間必要だが、一部だけ見学しても、黄龍洞の広さと素晴らしさを十二分に堪能できる。

鍾乳石の中に、高さは19.2mもあるが直径がわずか10cmの透明な支柱がある。この支柱は「定海神針」と 名づけられており、湖南省政府は海神針の保護のため1998年中国平安保険公司に1億元の保険に加入した。

ユーザログイン

旅行業界・メディアの方へ

プレゼント

イベントカレンダー

ページトップへ戻る
Close