トップページ >湖南へ行こう>グルメ>軽食>

軽食

甘酒(中国甘酒)と卵のスープは湖南の特色のある軽食。

一篭の中にはしょっぱいと甘い二つ味の団子がある。それぞれの形も違う。

脳髄巻は清朝の頃にすでに存在していた長い歴史を持つ軽食。

茴香はすでに300年以上の生産歴史があり、花火、夏布(苧麻布)、菊花石、豆豉と同じほど有名な瀏陽の特産である。

米粉は米を原料として作られた麺で、長沙市民がよく食べる麺の一つである。米粉はは米を液状になるまで練ったあと、それを袋につめて漉し、火を通して圧縮し、麺状に押し出したもの。

長沙で食べられる糖油バーバーはもち米、うるち米と蔗糖で作られている。一般的に1元3個という安いお値段で屋台で売られることが多く、食べ飽きない有名な小吃である。

豆腐を使った中国料理の一つ。主に屋台で売られるが、レストランで出る場合もある。地域によって、使用する漬け汁を含め、製造方法が違うため、形と食べ方も大きく異なる。

葱油粑粑の原料はうるち米である。うるち米の粉に水を入れ練り込み、発酵させた後に塩と刻み葱を入れて混ぜ込み、油で揚げれば完成。

総数:8 トップページ前へ次へ最後 ページ:1/1

ユーザログイン

旅行業界・メディアの方へ

プレゼント

イベントカレンダー

ページトップへ戻る
Close