トップページ >湖南へ行こう>グルメ>湖南料理>

湖南料理

辛く酸っぱい味で、ご飯と一緒に食べると、やみつきになります!激辛と酸味が相まってだこの料理、湖南に来たら、絶対に見逃さないで下さい!

洞庭湖で獲れた魚を材料に、炒める、蒸す、揚げるなどして作った20数種の魚料理。

材料は棒状に切ったやわらかく肉厚の牛の胃袋、塊状に切った新鮮で柔らかい牛肉、塊状に切った柔らかい蒸した牛血。

常徳の特色ある美食。

酸魚は湘西のミャオ族村特有の宴会料理の中の逸品。

湖南料理(湘潭生まれ)の定番の蒸し魚料理で、魚の頭が使われる事が多い。剁椒(ドゥ・ジャオ)とは、唐辛子の発酵調味料のことである。

「燻製」は湖南料理の特色のひとつで、豚肉、牛肉、鶏肉、魚、鴨などの燻製がある。

この料理は毛沢東が好んだ料理で、全国で200以上の店舗を持つ「毛家飯店」がこの紅焼肉を看板料理としたため、「毛氏紅焼肉」とも呼ばれている。

総数:9 トップページ前へ次へ最後 ページ:1/2

ユーザログイン

旅行業界・メディアの方へ

プレゼント

イベントカレンダー

ページトップへ戻る
Close